スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂ドリュウズ入り積みサイクル(バンドリ②)

バンドリ トレーナーカード


XYでバンドリを組み込んだPTの1例程度に書いていきます。
バンドリカイロスについてはなかなかポテンシャルの高い並びだと思っていますが、
残り3枠についてはまだまだ考察不足。
冷静に考えて欠陥構築だと思います。

積みサイクルって付けてるけど、「実際積みサイクルってなんなの?」って聞かれても答えられません。

・バンギラス
技:冷凍ビーム/大文字/ステルスロック/ほえる   持ち物:さらさら岩
実数値:195-×-149-141-121-93 控えめHBCS調整

図太いの方が効率がいいかもしれません。
H-B:A216のタイプ一致地震確定耐え
C:184-105ガブリアスを冷凍ビームで確定1
S:鉢巻ハッサム意識で多めに

PTの始動役。誘いやすいガブリアスの処理を任せるためにHBCに振り分け。
ガブリアスは相手のPTにいた場合、ほぼ確実に選出されるので、このバンギラスは重宝しました。
スカーフであれば対面で処理。
襷は向こうの行動次第ですが、最低でも襷まで持っていくことができるため、後続で処理が可能。
鉢巻で飛ばされた場合でも、地震であれば後続の起点。逆鱗は耐えて冷凍ビームを打ちこめる。
AD鉢巻であっても後続圏内に入ります。
一番わけのわからない構成になっていますが、おそらくPTで一番働いてくれました。


・ドリュウズ
技:地震/アイアンヘッド/岩雪崩/剣の舞  持ち物:命の珠
実数値:179-205-93-×-86-127 意地Aぶっぱ,S調整,残りH

5世代厳選産につき個体値が低いです。
BW時代からいた、特にいうことのない構成だと思います。
A特化、Sは砂下でスカガブ抜き、残りB。
砂ターンが短くなったことで、浮いているポケモンによって容易にターン稼ぎをされます。
交換読みで技の打ち分けを求められることも多いので、
交換読みが嫌いな人には使いづらいポケモンになったのではないでしょうか。
B振りならハッサムとケンカしやすい。D振りならメガバナ辺りを意識したい。


・カイロス
技:恩返し/地震/フェイント/剣の舞  持ち物:カイロスナイト
実数値:141-177-120-×-90-150(メガ前)  141-207-140-×-110-172(メガ後) 陽気AS

よくあるバンドリ+飛行の飛行枠。
ドリュウズにとんでくる地面や格闘を受けつつ、カイロスに出される電気なんかはドリュウズで相手をする。
バンギラスが鉢巻ガブリアスにとばされたときに起点にする役。
使ってみた感想としては、思っていたよりは強い、といったところ。
一致技の火力は十分。素早さと耐久がどちらも半端になっている感はやや否めない。
耐久は、一致抜群でなければ1発は耐える程度と思っていればおおよそ間違っていないと思う。
進化前の特性は怪力バサミにしてます。威嚇を繰り出されることはそこそこある。


・バシャーモ
技:飛び膝蹴り/大文字/岩石封じ/守る  持ち物:気合いの襷
実数値:155-187-90-145-81-120 やんちゃACS調整

ガルーラを退ける枠。トリルクチートが重すぎたため襷採用。
連発したい場面が多そうだったので炎技は大文字。
Cは大文字でメガクチート確定。Sが1加速で110抜き。残りA。
A削ってもうちょっとSに回した方がいいかもしれない。
岩石封じは命中高めで、ブレバの反動込みで大体のアローが落とせる。
また、素早さで負けてるポケモンを無理やりガッサの起点にできればと思いつつ。
守るは砂ターンの調整にも使いたい。(1度切らしてバンギラス再度投げる等)


・キノガッサ
技:岩石封じ/キノコの胞子/ビルドアップ/身代り  持ち物:毒々玉
実数値:153-150-115-×-80-134  陽気Sぶっぱ,HB調整

バンドリを選出できないときの強引な勝ち筋①。
調整は他の人のものをまねているので、ポイヒガッサについて詳しく知りたい方は別の記事を探してください。
岩石封じが弱いのでローキックを採用したいが、霊やアローが多くて無理。
バナやエルフ辺りの完全なガッサストッパーがいないPT相手ならまだまだ勝ち筋を作れるポケモン。
防塵ゴーグル持ちを仕込まれているとぼこられます。


・パルシェン
技:つららばり/氷のつぶて/ロックブラスト/殻を破る  持ち物:王者の印
実数値:145-161-200-×-65-103  意地Aぶっぱ,HS調整

バンドリが選出できない時に強引に勝ち筋を作る枠②。
Aを削って破ったあとスカーフロトム抜きぐらいまで振りたいと思っている。
ただほとんど選出しないことに甘えて手を加えていない。
グライオンが重すぎて採用。
PT相性的に詰んでいるときに投げて4割で勝てればいいかなって思った。
ただし怯ませたことはない。負けても「まあもともと負ける試合だし」って思える点はいいところ。



PTの総評としては、レート2100までいけたので、悪くはないのかなといったところ。
勝率も高レート帯で6割程度は保てたので合格点はあるかと。
ただし、ガルーラが重い欠陥構築であることには間違いありません。
ガルクレセの並びを選出されると、バシャでガルーラを流した後、クレセをガッサの起点にするぐらいしか勝ち筋がない。
後ろにガルーラが残っていると、身代り+1度ビルドを積んだ状態じゃないとねこだましで怯まされるため、
クレセを起点にしたとしても立ち回りはかなりシビア。
バンドリを回せば回すほど、ガルーラへの憎悪は膨れる一方ですね。

PTの選出の7,8割はバンドリカイロス。
バシャガッサパルの見せあいでの圧力が強いため、バンドリの通りやすい選出に相手を誘導してくれることが多い。
PT内で受け回せるポケモンがほぼいないため、砂が切れた後バンギラスをもう一度投げるということはほぼできない。
砂が切れる前にカイロスの上を取れるポケモンをドリュウズに削りきることが重要。
勝つ時も負ける時も時間がかかりにくいところは評価できると思う。
時間がかかるとしたらガッサではめにいくときだけ。

バンドリを使ってみて、5世代のときのように、1度舞えれば勝ち!という状況は作りにくいですが、
まだまだ戦えるポテンシャルは秘めていると感じました。
ただしガルーラが重すぎるので構築は窮屈になるかもしれません。
自分は今後バンドリを使うかはわかりませんが、より汎用性の高い並びが作られることを願っています。

ここまで見ていただきありがとうございます。
長文・駄文失礼しました。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターX・Y
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

地雷勢

Author:地雷勢
ポケモン対戦やってます。
基本シングルです。
安定よりやりたいことをやる地雷勢。
テンプレを少し自己流にアレンジするのが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。